banner

金融機関に聞く


住宅ローンの変更には、色々な書類を提出しなければなりません。ここでは、借り換え時に用意しなければならない書類のことをお話しましょう。
初めに、まず用意しなければならないのが本人確認書類です。住民票1通と印鑑証明3通を用意しなければなりません。なぜ3通も必要かというと、印鑑証明は保証会社用と銀行用、抵当権設定の登記用に使用するからです。
そのほか、免許証や健康保険証のコピー、現在の会社の勤続年数を証明できるものなどを用意します。
そして、所得を証明できる書類も用意しなければなりません。
これは、仕事の形態によって違い、会社に属していない自営業は、確定申告書と納税証明書を用意します。
企業経営者は、決算書類や住民税決定通知書を用意します。
サラリーマンなどの給与所得者の場合は、住民税決定通知書や、会社が用意する源泉徴収票を提出します。
資金用途を確認するための書類も用意する必要があります。建築請負契約書、建築見積書、建築確認通知書のコピーを用意しておきましょう。
また、不動産登記簿謄本(土地、建物)、公図・地積測量図のコピー、周辺案内図、建物立体図・平面図・配置図などの提出も義務付けられる場合が多いです。
このような必要書類は、住宅ローンシミュレーションを変更する先の金融機関によって様々なので、借り換えを行う前に、何の書類が必要なのか金融機関に聞いておくとよいと思います。
そして、余裕を持って書類依を集めるようにしてください。
書類集めが期限に間に合わなかったりすると、ローンの変更ができなかったり遅れてしまうことがあります。そうならないためにも、確認を怠らず早め早めに書類を用意しておくとよいと思います。

Copyright(c) 2013 無担保でローンを組みたい人のブログ All Rights Reserved.